銀路の主張

漫画の考察や感想メインのブログです

アイリス強すぎワロた この素晴らしい世界に祝福を!10巻 ギャンブルスクランブル! 注)ネタバレ全開

80点

前巻はアイリスからの婚約相手のいるエルロードへの護衛依頼の手紙を受け取ってカズマが発狂して終わった。その続きの今巻はカジノ王国のエルロードがメイン。魔王討伐のための資金援助が欲しいアイリスとカズマたち一味、それを打ち切りたいエルロードとの攻防が基本的な今巻の主題。

今巻の感想を一言で言っちゃうと・・・

 

アイリス強すぎワロタ

 

いやもう勉強とかしてないでアイリスがさっさと魔王討伐行けよってくらいに強いです。いや冗談抜きで作中で今まで出てきた人間キャラの中で暫定で一番強いんじゃないんですかね・・・ミツルギとかと完全に正々堂々と勝負してもアイリス勝っちゃうんじゃないんすかねこれ 純粋な火力だけみても一日一発が限度のめぐみんの爆裂魔法に対してもアイリスの必殺技はドラゴン一撃で仕留めてますから遜色ないでしょうし。アイリス強し

 

カズマを見てエルロードの王子が「先祖帰りか・・・」とぼやいた描写がありましたけどあれはどういうことですかね・・・

王族は優秀な勇者の血を取り入れてきたうんぬんの話がありましたしチート持ちの日本人が過去に王族に受け入れられてきたと考えるのがまぁ自然なんですかねぇ

という事は帰結的にアイリスも日本人の血も引いてるってことになりますね

アクア、めぐみんダクネス三人がナンパされるのにカズマが意にも介さずどころかむしろ推進して結局ナンパしてきた男たちが痛い目に会うシーンはWEB時代にもありましたね。もちろん多少アレンジしてありましたけど。ここはこのすばらしいシーンというか遺憾なくクズマっぷりが発揮されていました

ああ、あとめぐみんとアイリスの意味深なやりとりはスピンオフのめぐみん盗賊団を読めばわかります。

 

総括して言うと10巻は面白かった

前巻の9巻ではちょっと厳しめな感想を書いたけど今巻は良かった

作品の話自体が良くなったというのもあるけれどそれよりも僕がこのすばの楽しみ方、読み方をはき違えていてそれが今巻でやっと良い塩梅に調整されたと言うほうがより正確だと思う

このすばという作品はめぐみん萌え~とかエリス様尊ひ・・・・ダクネス・・・腹筋とか言いながら可能な限り頭空っぽにしてキャラの可愛さを愛でてカズマの屑さを笑って世界観を楽しんでいればそれだけでいい作品であって設定の矛盾だとかストーリーの無理矢理感なんていうのははっきり言って「どうでもいい」という風に思うようになりました

つまりこのすばは「こまけーこたぁいいんだよ」精神で楽しむのが正解なのだろう

そもそもハンターハンターみたいな厳密な設定だとか重厚なストーリーだとかそういうのが売りな作品ではないんだからこのすばにおいてはストーリーなんてのはキャラクターを動かして世界観を楽しむための道具くらいに思っていればそれでよかったんだ。

このすばのストーリーに多少の無理矢理感、唐突感を感じてそれをいちいち気にして作品を100%楽しめないのは八百屋に行っておきながらマグロや牛肉が買えずに怒っているようなことなんだと10巻でやっと思えた

 

あああと個人的にはエリス様(クリス)推しなんでそろそろエリス様をメインの話出してほしいですね。もう随分ごぶさただと思うんで。