読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

須田良規プロに会ったことがある

僕がメンバーという職の存在を知ったのは麻雀を覚えた中学三年から1年経って高校帰りに立ち寄ったブックオフで立ち読みした東大出身の麻雀プロの須田良規さん原作の東大を出たけれどが最初だったと思う。なんというか世の中にゃあこんな職業もあんのかぁ・・・とぼんやり思ったのを朧気ながらも覚えている。正直その時の僕は既に麻雀の暗黒面に片足の指先位は突っ込んでいたと思うので好きな麻雀ができてしかもお金がもらえるってなんじゃそりゃ?!と訝しく思いながらもかなり心惹かれていたのも覚えている。けれど流石に既に高校生という事もあるし、作中にもところどころ描写されているように雀荘のメンバーという職業が控えめに言っても世間的には褒められたものでないという事がわかるくらいの良識は持ち合わせていた。というかそもそも日本はとりあえず建前上は法治国家だしね。だからこそわざわざ日本の最高学府卒業とこの国ではこれ以上のプラチナチケットは少ない特権を放棄してまで麻雀に傾倒している須田さんに少なからず興味を持った。

その二、三年後くらいに僕はこの須田先生と東京の点5の雀荘で会ったことがある。須田先生は麻雀プロとしてゲストで来店していた(もしかしたら出勤だったかも?)須田さんに初めて気づいたときは僕が打っていた時にメンバー側のカウンターで煙草をふかしていた。なんというかあくまで個人的な印象だが特に強いオーラとか覇気みたいのは全く感じないのだが一度写真でも見たことがある人なら一目見れば一瞬で気づくと思う。実際僕はすぐに分かった。多分普通の人生を普通に暮らしている人だったらその人の交際範囲内ではあんまり見かけないタイプの印象を持つ人だったと思う。

気づいてから20分くらいして対面に座っていた客が抜けてその席に須田さんが座った。下家にいたメンバーが「銀路さんは須田さんって知ってます?」みたいな感じで話を振ってくれて「東大を出たけれどの」作者の方ですよね?みたいに返した。それに常連風の上家の客も参加してきて須田さんも相槌を打っていた。そしてつい一か月前くらいに「東大を出たけれどの」新装版を買っていたことを思い出してその旨を須田さんに告げると「ありがとうございます、本持ってきてくれたらいつでもサインしますので」とおっしゃってくれた。それ以外に特に印象的な会話はしていないが思っていたよりも気さくな人だなという印象は持った。ちなみにその局は東二局で僕がハコって終わった。

結局それ以来まだお会いする機会もなくサインは頂けていない。

 

僕と麻雀

僕が麻雀にハマったきっかけは中学生の時に読んだアカギです。たぶんアカギとか最近だと咲daとか麻雀漫画にハマって麻雀に傾倒していった若者は相当数いると思うんですけど僕もそんなありきたりの内の一人です。それからヤフーのネット麻雀を初めて麻雀の面白さにハマっちゃって符計算を覚えて高3の時に近所のフリー雀荘でデビューをして・・・みたいな・・・まぁ特に特筆すべきところはないですかね。あえて言うならば家族麻雀とか友達同士とのリアルな麻雀牌を使った麻雀経験なしでいきなりフリーに行くのはやっぱり結構珍しいかもしれませんね。僕の家族は僕以外符計算どころか役の一つも知りませんし友達とのセット麻雀をやろうにもそもそも僕友達少ないですし・・・

そして僕はこのフリー雀荘というか麻雀にだいぶ人生でお金と時間を費やしました。

実際僕がこれまでどの位麻雀にのめりこんだかというと上には上はいるでしょうけど同年代の中で言えばかなりのレベルだと思います。たぶんお金で言うとトータルで60万円くらい使ったと思います。高校三年の時はほぼ毎日フリーに通って受験勉強はろくにせず第一志望は落ちるし、大学入ってすぐに怖い物見たさでピン東風のメンバーになるし、今でも戦術本が出たらめぼしそうなのは必ず買うし・・・まぁのめりこんでますしお金だけじゃなくて時間も相当費やしました。そしてこれからもそこそこ費やすと思います。まぁ最近は一時に比べたらだいぶ熱も冷めましたが。メンバー経験については後々詳しく書いてみたいと思います。

そして肝心の実力はというと・・・自分で言うのもなんですけど昔はともかく現在は割と上手いほうだとは思います(笑)あえて具体的な指標をだすならピン雀荘でメンツが普通の実力ならゲーム代金を含めてなんとか収支トントンくらいにはうまいとは思います。つまりそこそこうまいです。今はもうメンバーもやめちゃいましたし、当時の麻雀狂い期に比べたらだいぶ減りましたがそれでも未だ週に二三日くらいにはフリーに通っています。

まぁ僕と麻雀の今までの距離感はこんな感じです。酷い時は週七で通っていましたwその時に比べたらだいぶ適度な距離感になったと思います(笑)

これから何切る的な記事とかもしくはフリー収支日記みたいなのを始めてみようかなとか思っていますので興味あったらよろしくお願いします。もしかしたら記事が貯まってきたら別に麻雀専門でブログでも立ち上げてみるかもしれません。まぁ未定ですが

 

自己紹介

どうも八神銀路と申します。

 

自己紹介本当に苦手です。今までの人生思い返してみても一回として自己紹介とやらをうまくやれた試しがない気がします。けれどまぁ最初くらいはやっておくべきですのでしぶしぶ書こうかと思います。と言ってもいざ書こうと思うと何書けばいいのか結局わからなかったので属性を適当に無差別に羅列します

都内三流私立文系学生、男、たぶんアスペルガー症候群、友達少ない(片手で足りる)、貯金100万強、彼女いない、夜型、C級バックラー、真面目系屑、ややオタク、実家住み

意外と書くこと思いつかない・・・というか改めて書き出して思ったが我ながらなんてつまらない男なんだ・・・

これではたぶん何も伝えてないのと同じなので好きなこと、もの、人。そして嫌いな以下ryを羅列してみます。

好きなもの、人、こと

麻雀、ラノベ、アニメ、漱石芥川龍之介、鷗外、太宰治、二ちゃん(ロム専)、人工知能本、ブログ巡り、旅行、英語、朗読、らーめん、夜、カプセルホテル、

 

嫌いなもの、人、こと

朝型生活、パクチー、我が強い人、電車、整理整頓、会話、団体行動、臭い人、走る、仕事、太陽

こんなもんですかね・・・これで割と銀路のおおよその印象と程よい屑感は伝わったと思われます。

 

このブログで何を書くかですが、基本的に未だあまりがちがちに方針を決めてはいないのでいわゆる雑記ブログになると思いますが、主にラーメンブログ、旅ブログ、日記、妄言、麻雀、書評をメインに書こうかなとぼんやり思っています。もしかしたらその内カテゴリごとにブログを分けたりとかもあるかもしれません。ないかもしれません。なにもかも未定です。

そしてこの自己紹介だけでも読みにくさからアスペルガー感が伝わったと思うのですがいかんせん文章書くのが下手な為、まぁ生暖かい目で見守っていただけると幸いです。

 では今後ともよろしくお願いします。